フレシャスはどれだけ使えば解約金がかからない?

フレシャスの解約金

 

ウォーターサーバーを利用したいと思っても、解約金がかかるのはイヤ・・・ですよね?

 

 

 

フレシャスはオシャレなサーバーと良質な天然水で顧客満足度の高いウォーターサーバーです。

 

 

そんなフレシャスにも解約するときには、解約金がかかる場合があります。

 

 

 

 

ご存知の通り、フレシャスに限らずほとんどのウォーターサーバーでは、解約するタイミングによって違約金が発生する可能性があります。

 

 

 

 

 

似たようなケースに携帯電話の「縛り」がありますね。

 

 

あなたも携帯を乗り換えたことがあるなら、早期解約の際に違約金が発生した経験があるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

ウォーターサーバーの解約金も携帯とほぼ同じイメージです。

 

 

ただ、フレシャスの解約金でいえば、仕組みや発生する条件が分かれば携帯ほど難しくはありません。

 

 

 

 

 

「できれば解約金は支払いたくない!」

 

 

フレシャスの解約金に対して不安があるなら、この記事を読んで理解を深めておいてくださいね。

 

 

 

 

 

 

フレシャスの解約金はいくらかかる?

フレシャスの解約金はいくら?

 

解約金はウォーターサーバーによって様々なので、いくらかかるのかは大事なポイントですね。

 

 

具体的にフレシャスで発生する解約金については、次の通りです。

 

 

 

【フレシャスの解約金】

期間 解約金
契約から9ヶ月未満 16,200円
契約から9ヶ月以上2年未満 9,720円

 

 

 

サーバーや天然水によって違いがあるわけではないので、シンプルに期間によって変わります。

 

 

 

 

例えば、契約日が2018年1月15日だったとすると、

 

 

  • 2018年10月15日より前までに解約すると16,200円
  • 2018年10月16日以降2020年1月15日より前までに解約すると9,720円

 

 

の解約金が発生することになります。

 

 

 

携帯のように更新月ではなく、2年経過してしまえばいつやめても解約金はかからないので、携帯のようにシビアではありません。

 

 

 

ただし、解約金発生には他にも条件があります。

 

 

 

 

 

フレシャスの解約金が発生する条件を詳しく解説

フレシャスの解約金の発生条件を解説

 

フレシャスの解約金が発生するのは、上記の通り契約開始からの期間ともう一つあります。

 

 

それは、サーバーを交換した場合です。

 

 

 

 

フレシャスでは、利用しているサーバーを交換することができるんですね。

 

 

サーバー交換をすると利用期間がリセットされるため、交換から9ヶ月、交換から2年以内に解約すると違約金が発生します。

 

 

 

 

なので、サーバー交換したときは注意してくださいね。

 

 

 

でも、解約金をなしにすることもできるんですよ。

 

 

 

 

 

フレシャスの解約金をなしにする方法

フレシャスの解約金は無しにできる

 

フレシャスではサーバーのレンタルプランと購入プランがあります。

 

 

 

上記で紹介した解約金がかかるのはレンタルの場合のみで、サーバーを購入した場合は解約金は一切発生しません。

 

 

サーバーの購入代金はかかりますが、契約期間や解約金に縛られたくないなら、買ってしまうのも手です。

 

 

 

 

そうすれば、利用開始1ヶ月後でも解約金はかからずにやめられるんですよ。

 

(さすがに1ヶ月でやめることはないでしょうが・・・)

 

 

 

 

 

フレシャスの解約金は利用期間に気を付ければ怖くない!

フレシャスの解約金は怖くない

 

フレシャスの解約金は期間によって金額が変わることはお分かりいただけたと思います。

 

 

 

2年以内に早期解約すると解約金が発生してしまうので注意が必要ですが、逆に考えると、契約内容をしっかり把握しておけば心配はないという事になります。

 

 

 

最初の契約時に受けとる書類を保管しておいて、フレシャスをやめようと思ったときに見れるようにしておくといいですね。

 

 

といっても、もし忘れてしまっても、お客様センターに問い合わせれば教えてくれるので安心してください。

 

 

 

 

携帯キャリアのように「2年ごとの1ヶ月間だけ」など厳しくはなく、2年以上使っていればとりあえず解約金が発生することはないので安心してください。

 

 

 

 

ちなみにフレシャスに限らず、一般的にウォーターサーバーには最低利用年数に達しないときの解約には違約金がつきものです。

 

 

 

ですので、ウォーターサーバーを検討しているなら、2年ほどは利用を想定して申し込む方が安心です。

 

 

 

 

 

フレシャスなら他社の解約金分を支払ってくれるキャンペーンがある!

フレシャスの解約金キャッシュバックキャンペーン

 

もし今、他社のウォーターサーバーを使っていて、フレシャスに乗り換えを考えているなら、最低利用期間が過ぎるのを待っているところかもしれませんね。

 

 

それぞれ解約金が決まっているので、もし早期解約するなら違約金が発生してしまいますから。

 

 

 

それでも早くフレシャスを使いたい!

 

 

そんな気持ちを持っているなら、フレシャスではお得なキャンペーンを行っているので、最後に紹介しておきますね。

 

 

 

 

他社からフレシャスに乗り換える場合、なんと最大で16,200円のキャッシュバックを受けられるんです。

 

 

 

つまり、他社の解約金を支払ってくれて、実質無料でフレシャスに乗り換えも可能ということ。

 

 

 

 

ただ、乗り換えキャンペーンはこの記事を読むタイミングによっては終わっている可能性があります。

 

 

もしフレシャスの乗り換えを検討しているなら、まだキャンペーンをやっているか公式サイトで確認しておいてください。

 

 

 

 

今が乗り換えのチャンス!フレシャスのキャッシュバックキャンペーンの詳細を確認してみる⇒